鎌ヶ谷の外壁塗装会社「カミノウチ総建」が、シーリングの重要性についてご紹介します。

会社概要

高品質シーリング

HOME » 高品質シーリング

目立たないけど、住まいを支える大切な存在

「サイディングの外壁」というと、面積の広いサイディングボードばかりに目がいきがちです。
しかし、そのボードとボードの境目にあるシーリングが非常に重要な役割を果たしていることをご存知でしょうか?
鎌ヶ谷の外壁塗装会社「カミノウチ総建」では、気密、防水、断熱などのために欠かせない高品質なシーリング剤を標準でご提供しています。
こちらでは、シーリングの重要性や施工方法などについてご説明します。

シーリング(シール・コーキング)とは

家の外壁にサイディングを採用すると、ボードとボードの境目に目地ができます。
この目地に防水のために埋め込むゴム状の充填剤が、シーリングです(シールやコーキングとも呼ばれます)。
また、窓と外壁の境目にも、同様のシーリングを埋めこみます。

新築住宅の場合、サイディングを貼り終えると、「シーリングガン」「コーキングガン」などと呼ばれる専用の機械でボードの境目にシーリングを注入します。
最初はぶよぶよとした半液体状の物質ですが、時間が経つと乾燥してゴム状になります。

経年劣化にご用心

新築時は上から塗装をせずに、シーリングそのものがむき出しの状態になっているため、紫外線などによって経年劣化が進んでいきます。
シーリングが傷むとサイディングボードの境目から水が浸入し、建材が傷むことで住まいの寿命を縮める原因となるため、塗装の際は事前に交換しましょう。
この交換のことを、専門用語で「シーリングの打ち替え」といいます。

外壁塗装だけの場合に比べて費用は若干増えますが、打ち替えだけを別途依頼するとなると、再度足場を組まなくてはなりません。
塗装と同時に行えばそのぶん人件費が抑えられるうえ、新しいシーリングの上から塗装するため長もちします。
長い目で見れば負担減につながることから、当社では塗り替えと同時にシーリングの打ち替えをおすすめしています。

↑PAGE TOP

施工方法でこんなに違う!~シーリングの打ち直し~

鎌ヶ谷の「カミノウチ総建」では、シーリングの打ち直しにおいて次の2種類の方法を施工場所によって使いわけます。

打ち替え 古いシーリングを撤去し、新しく注入する
増し打ち 古いシーリングを撤去せず、上からつぎ足す

ボードとボードの境目はややくぼんでいるので、増し打ちでは経年劣化によってやせ細ったシーリングにボリューム(強度)を出すことができません。
そのため、ほとんどの場合ではカッターなどで古いシーリングを撤去する打ち替えが必要になります。

一方、窓枠の周囲などはサッシが飛び出ており、外壁との間が直角になっているため、増し打ちでも十分な強度を出すことができます。
ただし、カッターを使ってしまうとサッシを傷つける恐れがあるため、多くの場合は増し打ちで施工します。

↑PAGE TOP

意外と知らない、シーリング材の重要性

「すぐれた塗料」「耐用年数が長い塗料」をお求めの方は多くいらっしゃいますが、「高品質なシーリング」をお求めの方はほとんどいらっしゃいません。
しかし、いくら「20年もつ塗料」を使ったところで、シーリングの劣化によって次の外壁塗装までに2回も3回も打ち替えを行っていては、余計にコストばかりかかってしまいます。
多少コストがかかってでも高品質なシーリング剤を使用することが、負担を減らすうえでは大切なのです。

塗料に比べて気にされるお客様が少ないことから、グレードアップを望まれるケースがほとんどないシーリング剤。
しかし、当社ではお客様にできるだけ負担をかけずにいい施工をご提供したいという想いから、塗料本来の耐用年数に耐えられるよう、高品質なシーリング剤を標準採用しています。
シーリング剤についてもっとくわしく知りたい方は、直接ご相談ください。

  • 実際の仕上がりを確かめたいなら カミノウチ総建の施工事例はこちら
  • 塗装っていくらかかるの? カミノウチ総建の施工費用はこちら

↑PAGE TOP

Copyright © 鎌ヶ谷の外壁塗装ならカミノウチ総建. All Rights Reserved.