鎌ヶ谷の外壁塗装会社「カミノウチ総建」が、外壁塗装の役割や工法、失敗しない業者選びをご紹介します。

会社概要

外壁塗装の基礎知識

HOME » 外壁塗装の基礎知識

外壁塗装の本当の役割

外壁が美しいと住まい全体の印象がよくなります。
そのため、外壁塗装の役割は「見た目をよくすること」だと思っている方も少なくありません。
住まいの外観がきれいになるのはうれしいものですが、外壁塗装の本当の役割は「家(建物)を守ること」にあります。

塗膜には防水効果があり、家の躯体を傷める原因となる水の浸入を防いでくれます。
また最近では、「遮熱」「断熱」「光触媒」などのすぐれた機能を備えた塗料も登場。
口コミでも話題になっています。
例えば、壁を剥がして断熱材を入れようと思うと大変な負担や時間がかかりますが、断熱効果の高い塗料を塗れば、快適で省エネ効果が高い住まいが比較的かんたんに手に入ります。

最新の塗装工法

外壁塗装の工法には、大きくわけて3つあります。
ローラーで下地を塗り、吹き付けで模様を演出するなど、これらの工法を組み合わせて施工することも可能です。

  吹き付け工法 ローラー工法 特殊工法
概要 スプレーで塗料を吹き付ける ローラーで塗料を塗る 特殊ローラーやコテ、刷毛といった道具を使いわけて塗面を演出する
メリット
  • 施工が短時間ですむ
  • さまざまな模様を入れることができる
  • 仕上がりがきれい
  • 塗料が飛散しにくい
  • 高所や住宅密集地でも作業しやすい
  • 比較的コストがかからない
壁画調、タイル調、木目調など、さまざまなデザインを実現できる
デメリット
  • 塗料が飛散しやすい
  • 住宅密集地や高所では施工しにくい
  • 他の工法より念入りな養生が必要なので、コストがかかる
施工に時間がかかる
  • 施工に時間がかかる
  • 対応できる職人が限られる
  • コストがかかる
作業の工程

[図]作業の工程

外壁塗装ではまず足場を組み、高圧ジェット洗浄で汚れやカビ、藻、コケなどを除去。さらにヒビや欠けている部分を補修し、窓などを養生して汚れない状態にしたうえで塗装をします。
シーリング(シール・コーキング)の打ち直しが必要な場合は、塗装の前に行います。
当社では「下塗り」「中塗り」「上塗り」の3段階にわけて塗装。
それにより、機能性が高く美しい塗面を実現しています。
外壁の塗装が終わったら、雨どいやひさしといった細部を施工していきます。

↑PAGE TOP

業者選びで失敗しないために

鎌ヶ谷市および近郊の船橋市、松戸市、市川市、柏市、白井市だけでも外壁塗装を手がける会社はたくさんありますが、その中から信頼できる業者を選ぶために、気になる会社からは相見積もりを取り、疑問や不安があれば何でも質問してみましょう。
こちらの要望や質問に、誠実に応えてくれる業者を探すことが大切です。

  • 外壁塗装は信頼できる業者探しから 失敗しない外壁塗装のコツはこちら

↑PAGE TOP

Copyright © 鎌ヶ谷の外壁塗装ならカミノウチ総建. All Rights Reserved.